YSCustom official site

トップページ お知らせ 製品情報 販売代理店




開発品情報
  EXシリーズ用ヘッド。開発コード”R”のヘッド
をEXの交換型ヘッドとして製作。
”R”に交換することで、強力な照射パターン
になる。


ホルスター試作最終段階

モールシステムに対応

ベルトにも容易に装着可能

使い勝手を重視し、移動時に音も出にくい
構造


EX-ZERO2 LE 刻印完了

画像はプロトタイプ
EX-ZERO2 LEにはガングレーメタリックの
ほか、艶消しナチュラルも加わる
EX-ZERO2 for 18650プロトタイプ

アルマイトはつやありガングレーメタリック

テールスイッチtype-Kが標準装備
試作ホルスター1 スタンダードVer

機能的かつ軽量コンパクトをコンセプトに
製作

スペシャルユーザーに対応する仕様
内側

抜き差しのしやすい構造

別試作では内部にあるスリックパーツが
交換式
試作ホルスター2 シンプルVer
全長 79.8mm

SS-19R + 狛犬短 + テールtype-SL
の組み合わせ

全長はYS-R1との組み合わせも同じ
SS-19R プロトタイプ

ヘッド単体で20mm以下のショートヘッド
YS-R1に装着
光学系にはフロスト凸レンズを使用

レンズ外観は、8ミリの砲弾型LEDに近い
テールスイッチ type-SL

type-Kの鍔を取り、全幅を細くしたスイッチ
EX-ZERO2装着時
EX-ZERO2 for 18650 プロトタイプ

18650充電池に対応可能なEX-ZERO2

内径はベアアルミ状態で18.9mm
咆哮-改 (ヘッド)

※画像は咆哮、狛犬、type-Kのフルコンプ

搭載LEDはXHP50を予定

新開発ブーストコンバータを使用し、12V
仕様のXHP50を搭載する

1500lm程度の出力

2000lm超の高出力仕様も可能
CREE XHP50 メーカーサンプル品

XHP50 クールホワイト6300K J2ランク
2546lm @ 12V/1500mA
開発コード“R”

プロトタイプボディ完成

カラーはナチュラル(艶消し) HA-タイプIII+
艶消し方法はケミカルエッヂングよりも効果
が高いショットブラスト
  “R”に搭載するコンバータ、LEDに関しては
近日中に発表予定
  EX-ZERO2との比較

リフレクタの延長に伴い、ボディも延長
リフレクタ口径のアップ、深さの大幅延長
により中心照度が50%向上

周辺光は口径アップにも拘らず、EX用リフ
よりもさらに絞られる

ストライクベゼルによる周辺光が欠ける問題
は、内側をすり鉢状にラウンドさせたことで
まったく影響が出ない設計

きれいな円形の配光を実現する
リフ径の比較

画像左:Rシリーズ用リフレクタ
外径:35.45mm
LED発光体からの高さ:38.6mm

画像右:EXシリーズ用(狛犬)リフレクタ
外径:27.45mm
LED発光体からの高さ:26.0mm
“R”へ使用予定のPC(ポリカーボネート)
レンズ試作品

「アンチスクラッチ」コートを施した“R”専用。

EX系のガラスレンズに比べ、200倍以上の
耐衝撃性能
レンズの厚みは3mm

ヘッド内部のLEDを強力に守る
フラッグシップモデルとなるタクティカルライト
を開発中。開発コード“R”

EX-ZERO2のフォルムに近い

EX-ZERO2との違いは、4面取り部分の延長、
ヘッド径アップおよびヘッド長の延長

ヘッド/ボディ一体式の削り出し

テールスイッチはEX-ZERO2標準のtype-W

テールスイッチ以外はすべて専用品
口径が大きく、深いリフレクタを装着予定

EX-ZERO2よりもさらに周辺光が狭い

中心照度は50%ほどアップ

LED: 未定
コンバータ: 高出力型を予定
レンズ: 3mm厚PC/ASコートを予定
染色: HAタイプIII+ (カラー未定)
電池: CR123Ax2本






新型テールスイッチ開発中

画像はベアアルミ

EXシリーズ、狛犬ボディに対応

狛犬にも合うよう、ローレット(滑り止め)
加工を施す


開発中のEタワーモジュール

LEDはXPL-WW、コンバータはYS-SDC ECO
アルマイト処理終了

アンケート意見で一番多かった艶消し黒を採用

科学梨地よりも艶消し効果がはるかに高い、
ブラストによる梨地






コンプリートボディ“EX”名称決定

名称:EX-ZERO2
サイズ:(ヘッド径)32mm x (ボディ長)150mm
重量:145g (電池含まず)
アルマイト:ハードアノダイズ タイプIII+ 黒
梨地処理:ブラスト加工
ベゼル:フラット
テールスイッチ:クリックオン
ライト横から

ヘッド〜ボディ周りは狛犬を踏襲したフォルム

発表は新型YSコンバータと同時期
LEDは最新LED、“CREE XPLクールホワイト”

ディープリフレクタ採用

中心光は強め、周辺光はやや狭い配光
新型YSCコンバータ(YS-SDC)
試作テスト中

旧YSコンバータよりも発熱を抑え、より長い
レギュレーション時間を狙う

発表は8月上旬を予定

外装は4パーツで構成

モジュールボディねじ込み式
新型ボディ“EX” ショットブラスト

梨地加工のためのブラスト
新型ボディ“EX”試作モデル

ボディ形状は狛犬を踏襲。
YSC初のコンプリートボディ

モジュール(専用)交換可能

テールスイッチはクリックオン
ヘッド周り

外装はベゼルリング、ヘッド、ボディ、テール
で構成され、ヘッドを外すと交換式モジュール
がボディに装着されている

ヘッド径は狛犬と同じ

新型YSCコンバータを搭載予定
新型YSCコンバータ開発状況

逆接続保護回路追加決定
出力設定は6段階を予定

新型YSCコンバータ開発中

コンバータ設計はARCmania氏
前作を上回る性能が期待される
部品もすべて一新され、より高効率に
今回のの特徴は、効率向上だけではなく
逆接続保護回路の追加を予定

YS60 ブラストリフ

フラッド寄りのワイド配光
近距離照射向き
官公庁専用モデル

SPEAR

型番:
TTGD-SF/YSCustom :
M.CANNON-MOD.ROY

ボディ:狛犬(官公庁モデル)
テールスイッチ:試作品(BK)

黒(BK)
フラットベゼル装備
テールBK
防衛色(OD)
フラットベゼル装備
テールBK
黒鉄(NAT)
ストライクベゼル装備
テールBK